無料ブログはココログ

« Chick Corea / Continents-concerto For Jazz Quintet & Chamber Orchestra | トップページ | Jeff Watts Quartet / Detroit Jazz Festival »

2012年3月17日 (土)

Johnathan Blake / Eleventh Hour

ジョナサン・ブレイクのリーダー作。サイドでの参加作品が相当多いにも関わらず、今作が初リーダー作品となる。
彼を知らない人はあまりいないと思うが、トム・ハレルのレギュラーバンドのドラマーといえばいいのかな。ジョナサン・ブレイクが、現在固定で参加しているバンドの中では一番有名だろうか。
後はここ数年のナベサダか、こちらはあまり好きではないのだが^_^;

彼の演奏を見る機会は今までかなりあり、最近だとシーマス・ブレイク、ボリス・コズロフでのバンドや、ラージュ・ルンドのバンドでの来日を見ている。
やたらでかい体なのに小さく、低いドラムセットに座っているのが印象的だった。
シーマス・ブレイク、ボリス・コズロフのバンドだと、後ろにメトロノーム的な電子音が鳴っていたせいか、訛らせまくって叩いていた。
たしか、彼の奥さんが日本人で結構日本にくる機会は多いようだ。
一番始めは10年ほど前のミンガス・ビックバンドの公演を見たのだが、他のメンバーにエデイ・ヘンダーソンやシピアジンがいたりと豪華で、見ていて幼心?に衝撃であった。
プレイスタイルとしてはエルヴィン~ジェフ・ワッツの流れの黒人ドラマーでドナルド・エドワーズやケンドリック・スコットともかなり共通点があるように見える。

彼ほど多くの作品に参加しているとこのアルバムに参加しているメンバーも豪華極まりなく、彼の恩師的な立場であろうトム・ハレル、同い年ぐらいのジャリール・ショウ、ベン・ストリートが参加している。
中でも最近話題の人であるマーク・ターナーとロバート・グラスパーの参加が目を引く。
演奏曲はジョナサン・ブレイク作曲が多く、それらとトム・ハレルやグラスパーオリジナルを混ぜてる感じだ。

1曲目、ちょっとラジオっぽく音を歪ませてる感じとかマーカス・ストリックランドの『Open Reel Deck』を思い出した。この曲はフロントが豪華で、マーク・ターナー、グレゴリオ・マレット、グラスパーが参加。
ドラマーのオリジナルなだけあってリズム展開が早く、面白い。あとグレゴリオ・マレットはハーモニカながらマーク・ターナーに負けないぐらいの内容のソロをとっていて素晴らしい。今更ながらめちゃめちゃ上手い、この人。グラスパーはこの曲ではほとんど空気。

2曲目では、マーク・ターナーとジャリール・ショウがフロントに。なんとなく聞いたことある曲だ。珍しくマーク・ターナーが自分のアルバムよりもちゃんとかっこよく吹いているw
9曲目で2人がバトルも聞けるので、これは一聴もの。

3ではトム・ハレルが参加。マーク・ターナーとトム・ハレルって初共演なんでないだろうか。この曲はトム・ハレルっぽい頭よさげなコード進行の曲やね。前にライブで彼をみた時よりも全然かっこいいので安心した。
5曲目でも同じフロントだが、こちらも凄く気持ち良い。この2曲を聴くためでも買う価値はあったかな。

ドラマーがリーダーの作品は、なぜか安定感があってしかも聞いていて面白いアルバムが多い。このアルバムもその法則に漏れず、イケてるアルバム。
ほぼ全曲のっているマーク・ターナーが結構好調なのでそこも聴きどころ。
おすすめ度:★★★★☆

Personnel:Johnathan Blake(Drums), Jaleel Shaw(Asax), Mark Turner(Tsax), Kevin Hays(Piano, Rhodes), Ben Street(Bass), Tom Harrell(Tp, Flh), Gregoire Maret(Har), Robert Glasper(Piano, Phodes), Tim Warfield(Tsax)

">

« Chick Corea / Continents-concerto For Jazz Quintet & Chamber Orchestra | トップページ | Jeff Watts Quartet / Detroit Jazz Festival »

2012年 買ったアルバム」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。Grass_hopperと申します。
いつも興味深く拝読しております。

本作はネット試聴した時点で「いい!」と感じ、飛びつきました。
キャッチーでわかりやすく、肩の凝らない音作りでいいですね。
メンバー的には、やはりマーク・ターナーがバリバリ吹いてるのが印象的ですが、
個人的にごひいきのショウもかなりよかったです。
また鍵盤は、グラスパーよりヘイズの方が印象に残りました。

不躾ながらトラックバックを送らせて頂きました。
もしご迷惑でなければご掲載ください。

今後ともよろしくお願い致します。

>Grass_hopperさん

このアルバムのマーク・ターナーは凄くよいですよね。
今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527976/44522135

この記事へのトラックバック一覧です: Johnathan Blake / Eleventh Hour:

« Chick Corea / Continents-concerto For Jazz Quintet & Chamber Orchestra | トップページ | Jeff Watts Quartet / Detroit Jazz Festival »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31