無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年1月

2016年1月11日 (月)

2015年の愛聴アルバム

少し遅れましたが、2015年の個人的ベスト10枚を。順番は特になしです。

■KENDRICK SCOTT ORACLE / We Are The Drum
■MIKE MORENO / Lotus

 2作ともマイク・モレノ入り。この人、音色・フレーズとも今のジャズギター界で一番上手い人の一人なのでは。弾きすぎず、盛り上げるところはもりあげる。
ケンドリック・スコット、エリック・ハーランドともに、彼らのドラムソロにはあまり興味ないけど、ソリストの後ろでのドラミングと作曲センスがとても素晴らしいです。

■SONNY ROLLINS / Complete Live at the Village Gate 1962

BOXものです。全盛期のロリンズってやはり凄いですね。イイですね。歌があふれてますね。サイドのビリーヒギンズ等々も含めて。

■LUCIANA SOUZA / Speaking In Tongues

これもケンドリックがらみ、ルエケとマレのソロもいかしてますが、ちょっとイカれた曲調も印象に残りました。

■JEFF TAIN WATTS / Blue Vol.1

ジェフワッツのアルバムはどれもいいのです。ドラマーリーダーアルバムは、リズムが凝ってるためか飽きにくいもの多い。
トロイ・ロバーツって新人の演奏も初めて聞きました。ブランフォード?と思ったら20歳そこそこの若手・・・。楽しみですね。

■RYAN ADAMS / TEN SONGS FROM LIVE AT CARNEGIE HALL

去年フジで来日してたが、見事に見逃しました。
バンドセットもいいですが、弾き語りも渋くしびれる。泣けます。

■Steely Dan / Green Flower Street: Radio Broadcast

ピーター・アースキン、ボブ・シェパード、クリス・ポッターが参加していた時のツアー音源。元はラジオかな。一部音質に乱れありますが、曲は勿論折紙つき。バンド再始動後の音源で、「Alive in America」と同時期と思われます。フェイガンのリーダー曲もあり。

■MARIA EZQUIAGA & DARIO JALFIN / ENTRE LOS DOS

凄くポップでした。ダリオ・ハルフィンって人は、才人で、関連する他の作品もレベル高いので、これからも注目。

■井上陽水 / UNITED COVER 2

陽水先生。昔の日本の素晴らしい曲達を教えてくれました。

■SUFJAN STEVENS / CARRIE & LOWELL

ケンドリックもカバーしてたりと去年にジャズ屋さん(とくに海外の)の間で人気だったのは、Hiatus KaiyoteとこのSUFJAN STEVENSでしょうか。間違いなく、だれが聞いても良いです。

他にも死ぬほどいいアルバムがありましたが、泣く泣くのせてません。今年も何がでるか楽しみです。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31